夫婦でご用達の海外医薬品|好きになったのはジェネリックだった

海外医薬品を使用するにあたり注意すべき事

海外医薬品とは、海外通販等により購入出来る医薬品で有りその多くは国内では未承認とされる医薬品となるので日本の薬事法により定められている一定の基準や成分の有効性あるいは品質等の確認が行われていない製品になり又、その安全性に関しても確認されていないので万一の際に健康上に被害が起こっても責任は投与者本人に帰属する事となり、低価格であったり同類薬でも国内では認められていない用量が含有されているので効きが悪いと感じたり費用対効果を高める為に時に有効となる事も有りますが、上記の事を踏まえた上で購入あるいは投与をしなければなりません。
又、国外の医薬品を海外通販であるいは旅行先で購入し国内に持ち帰る事は合法とはされますが、これには一定の条件が付いており、認められる分量は個人での使用範囲内としており、本人の為だけに用いると判断されるのであれば合法としていますが譲渡目的や販売等の為に購入する営利目的は許可を得ていない際には違法として扱われる事としており、個人使用あるいは許可を受けての購入でも税関でに検査の対象とはなり場合によっては国内に持ち帰れない薬剤も有るとしています。
本人のみの使用によっても海外通販や輸入を禁止している製品はリスト化されており、厚労省が健康被害が起こる可能性の有る海外医薬品として閲覧出来る様になっているので予め確認した上での購入を行う必要が有り、発表され法律で定められている以上は知らなかったは通じ無い事にも留意して下さい。
海外医薬品の中でも特に多いのがED治療薬のジェネリックになり、他にもAGA治療の薬剤等のコンプレックス商品の購入が増加しているとされますが、国内処方が高いだけにジェネリック等に切り替え安価な治療を行いたい気持ちは分からなくも有りませんが、医師の指導が無い中でジェネリックを用いる事で心停止を起こした死亡例も数例有るので安易な考えで投与する事は控える事が望まれます。